7月19日、振り込め詐欺グループへの“闇営業”問題で、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、所属事務所の吉本興業より“契約解除”されたが、翌日、吉本サイドに伝えることなく、ロンドンブーツ1号2号の田村亮と謝罪会見を開いた。22日、吉本はこれを受け、岡本昭彦社長が記者会見を開き、その席上で宮迫の契約解除を撤回したものの、その後の宮迫と吉本の話し合いは平行線をたどり、結論は先延ばしになっているという。そんな状況のため、現在相方の蛍原徹は、「雨上がり決死隊」の看板を残しながらも、“ピン芸人”としての活動を余儀なくされているが、視聴者からは「ホトちゃんだけで番組を仕切れるか不安」などと、心配の声が上がっている。しかし、一部のテレビ局関係者や吉本関係者からは、「宮迫については不安要素が多いが、蛍原に関してはまるで心配がない」と言われているという。
続きはこちら
雨上がり決死隊・蛍原徹公式プロフィールより

「宮迫は従っていた状態」!? 蛍原徹、「ピン芸人でも心配ない」と業界関係者が語るワケ

7月19日、振り込め詐欺グループへの“闇営業”問題で、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、所属事務所の吉本興業より“契約解除”されたが、翌日、吉本サイドに伝えることなく、ロンドンブーツ1号2号の田村亮と謝罪会見を開いた。22日、吉本はこれを受け、岡本昭彦社長が記者会見を開き、その席上で宮迫の契約解除を撤回したものの、その後の宮迫と吉本の話し合いは平行線をたどり、結論は先延ばしになっているという。そんな状況のため、現在相方の蛍原徹は、「雨上がり決死隊」の看板を残しながらも、“ピン芸人”としての活動を余儀なくされているが、視聴者からは「ホトちゃんだけで番組を仕切れるか不安」などと、心配の声が上がっている。しかし、一部のテレビ局関係者や吉本関係者からは、「宮迫については不安要素が多いが、蛍原に関してはまるで心配がない」と言われているという。

続きはこちら

1件~1件(全0件)

コメントを投稿する




2MBまでアップロードできます。(JPGまたはPNG)
画像付きコメントは編集部の承認完了後に表示されます。


投稿規約を確認する

第1条

ユーザーは当社に対し、投稿情報について、無償で利用(複製・複写・改変・第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む)する権利を許諾するものとします。この利用の許諾は永続的かつ取消不能のものとします。

第2条

ユーザーは、コメント投稿に際し、以下のような不適切な行為を行わないでください。 当サイトのコメントとして相応しくないものは、管理者の判断で投稿者への通知なしに削除することもありますので、あらかじめご了承ください。

  • 他人や自分の住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど個人情報を開示する行為
  • 他人を混乱させる意図があると思われる発言
  • 特定の個人への誹謗中傷
  • 他人へのなりすまし
  • 当該記事とは無関係の宣伝・PR
  • 他サイト等への誘導リンク
  • 物品の売買または譲渡

【ニュース】の関連トピック