セカオワ・Saori、『ふたご』直木賞ノミネート決定! 『火花』の再来狙う文藝春秋の思惑

2017年下半期の直木三十五賞で、SEKAI NO OWARIの“Saori”こと藤崎彩織の『ふたご』(文藝春秋)が、最終候補作品にノミネートされることがわかった。近日中に発表される見込みという。一昨年はピース・又吉直樹の『火花』(同)が芥川賞受賞となり、門外漢の受賞には賛否あったが、またしても同様の騒動が繰り返されるのだろうか。

Saoriは今年10月、自身初となる小説『ふたご』を上梓。すでに10万部を突破している話題作だが、バンドメンバーであるFukaseらとの関係を彷彿とさせる私小説的な内容は、ファンに衝撃を与えている。

 

続きはこちら

2件~1件(全2件)
2 匿名 通報

>>1色んなとこで流れてるよ。
正義感溢れるコメントだけど、他も見てから書いた方がいいと思う。

1
×
この記事を書いた方に質問です。この情報をあなたがたにリークしたのは誰ですか? 12月20日(水)の午前5時に候補作発表となっているルールを破ったのはなぜですか? 日本文学振興会の許可をとっているのですか?
1 匿名 通報

この記事を書いた方に質問です。この情報をあなたがたにリークしたのは誰ですか? 12月20日(水)の午前5時に候補作発表となっているルールを破ったのはなぜですか? 日本文学振興会の許可をとっているのですか?

2件~1件(全2件)

コメントを投稿する



投稿規約を確認する

第1条

ユーザーは当社に対し、投稿情報について、無償で利用(複製・複写・改変・第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む)する権利を許諾するものとします。この利用の許諾は永続的かつ取消不能のものとします。

第2条

ユーザーは、コメント投稿に際し、以下のような不適切な行為を行わないでください。 当サイトのコメントとして相応しくないものは、管理者の判断で投稿者への通知なしに削除することもありますので、あらかじめご了承ください。

  • 他人や自分の住所・氏名・電話番号・メールアドレスなど個人情報を開示する行為
  • 他人を混乱させる意図があると思われる発言
  • 特定の個人への誹謗中傷
  • 他人へのなりすまし
  • 当該記事とは無関係の宣伝・PR
  • 他サイト等への誘導リンク
  • 物品の売買または譲渡

【ニュース】の関連トピック